ニキビ跡の赤みを化粧品で消したい!

ニキビ跡の赤味

ニキビ跡の赤みを消すにはどんな化粧品を選べばいいのか?

赤いシミのような「赤み」とは、ニキビによる炎症後に色素沈着によって赤く(または茶色く)見えています。この赤味を消すには、皮膚の色素沈着を取り除けるようなお手入れが必要です。「ビタミンC誘導体」は赤み・色素沈着を薄くする働きを持つ成分です。ニキビ跡の赤みのお手入れをするならビタミンC誘導体配合の化粧品を選びましょう。

ビタミンC誘導体「アスコルビルエチル」に注目!

  • [即効・持続] 優れた美白効果
  • 浸透性・保湿効果・コラーゲン促進効果
  • ニキビができた痕の肌はニキビの炎症で皮膚の組織がダメージを受けています。肌の再生にはターンオーバーが必要です。正常なターンオーバーには保湿が欠かせません。肌をしっかり保湿して新陳代謝を促し、ニキビ跡の肌をケアしていきましょう。

    ニキビ跡 赤みと肌の保湿ケアに最適な化粧品は何か?

    ニキビ跡 赤い 化粧品

    ニキビ跡の赤みには「ビタミンC誘導体」が良いことはわかったけど・・・

    保湿はどんな方法がベスト?

    肌への摩擦を減らすスキンケアをしましょう

    大人ニキビや吹き出物、肌荒れなど肌トラブルが気になるとついついスキンケアを頑張ってしまいます。でもやり過ぎは禁物!化粧品を塗り込んだりマッサージをすることで皮膚に刺激を与えることになり、乾燥肌を加速させてしまいます。

    シンプルなスキンケアが保湿に最適!

    クレンジングや洗顔で肌の余分な汚れを落とした後は、十分な保湿が必要です。ここでオールインワン化粧品を活用すれば、肌をこする回数が激減します。オールインワン化粧品は1つで化粧水・乳液・美容液・クリームの役割をするもので、保湿成分も充実しています。

    ニキビ跡 赤み|オールインワン化粧品でおすすめは?

    ニキビ痕 赤い シミ

    ニキビ跡の赤みケアに向いているオールインワン化粧品の条件

  • ビタミンC誘導体が配合されていること
  • 保湿がしっかりできること
  • さまざまなオールインワン化粧品がありますが、その中でニキビ跡の赤みケアと保湿ケアが同時に向いているのは「メディプラスゲル」です。

    メディプラスゲルが良い理由

  • 優れたビタミンC誘導体「アスコルビルエチル」配合
  • 肌の保水・保湿成分が豊富
  • 衛生的に使えるポンプ式のオールインワン
  • スキンケアを継続しやすい低価格
  • ニキビ跡 赤み 化粧品でおすすめのオールインワン、メディプラスゲル

    メディプラスゲルの保湿成分は?

    肌の角質層は加齢とともに水分量が減少していきます。もっとも大切な成分はセラミドです。メディプラスゲルには3種類の高濃度セラミド、2種類のコラーゲン、3種類のヒアルロン酸、プラセンタエキス、15種類のアミノ酸、ビタミンC、36種類の美容成分が配合されており、保湿・ハリ・肌荒れ防止などに役立ちます。

    美肌ケアにも おすすめ オールインワン

    メディプラスゲルの特徴の一つが「温泉水」を使っていることです。使用しているのは「美肌の湯」として有名な島根県の玉造温泉の温泉水です。この温泉はミネラルバランスに優れ、肌への浸透と潤いの持続性の効果の高さが製薬メーカーの調査により確認されています。

    肌に不必要なものは無添加

    敏感肌など肌が弱い方が使える化粧品であるために、防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)、香料、合成着色料、合成乳化剤が不使用となっています。皮膚科医指導のアレルギーテスト済み。安全な国産原料で化粧品を製造する製薬メーカーと共同開発したオールインワンゲルです。

    ニキビ跡の赤みが消えないという悩みに。ニキビが治った後、ニキビができた部分に赤く残ったり、赤く・茶色いシミのように色素沈着が起きていてなかなか消えない。この赤いニキビ跡を消す方法は何か?化粧品を使ってスキンケアでこの赤味を無くすことを狙うなら、プラセンタの化粧品を使ってみましょう。これなら自宅で簡単にお肌のお手入れができます。ニキビの炎症が傷痕のように残ってしまうニキビ痕の赤み・色素沈着はメラニンが過剰に作られてしまうことでできてしまいます。この状態で日焼けをしてしまうと(紫外線に浴びてしまうと)ニキビ痕が消えにくくなってしまいます。赤みや色素沈着を薄くする作用があるのはビタミンCであることから、スキンケア化粧品を選ぶときに成分を見てみると良いでしょう。 ニキビ跡の炎症に対する対処法を化粧品によるスキンケアで行う場合、炎症を誘発する原因に注目し予防できる対策を取りましょう。皮膚の角質層の水分量が減少すること、紫外線などの外部からの刺激が炎症の元です。角質層の保水力を高めるためにセラミド、保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンで肌の潤いを失わないように保護しましょう。 さらに、スキンケアを行う際には肌を擦ってしまうことのないように注意しましょう。顔のマッサージもクリームや化粧水を塗りこむことも肌に刺激を与えていることになります。できれば最小限のケアで肌のお手入れをしたいものです。 このようなデリケートな肌のスキンケアに向いているのがオールインワン化粧品です。オールインワン系コスメの利点は一つの化粧品で化粧水と乳液、美容液、クリームの機能が集約し、肌への接触を最小限に抑えることができるところです。 数あるオールインワン化粧品の中でおすすめはメディプラスゲルです。ビタミンC、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合されていて、さらに抗炎症作用や肌の新陳代謝を促す効果が期待できる成分が含まれるプラセンタも入っている、ということから、ニキビ跡の改善を目指す方に向いています。

    Copyright © ニキビ跡の赤み[化粧品]最適なスキンケアコスメ All rights reserved